オーストラリア英語の発音

canとcan'tはオーストラリア英語でどう発音する?

投稿日:

canとcan'tの違い

英語学習者がリスニングや発音で聞き取りにくい単語の一つが、canとcan't(can not)じゃないでしょうか。

文字で読むには、違いは一発でわかりますが、実際にリスニングをしていると、特に強調しないかぎりcanとcan'tともに、すばやく発音されるので、「えっ、今のどっち?」と混乱してしまう人も多いでしょう。

今回は、オーストラリア英語のcanとcan'tの発音の違いを紹介しますね。

canとcan'tはオーストラリア英語でどう発音する?

まず、最初に言っておくとオーストラリア英語の場合、canとcan'tは発音が全然違います。

ですから、すぐに分かるようになるので安心してください!

オーストラリア英語の前に、まずは、アメリカ英語のcanとcan'tの違いを説明しますね。

canの発音は会話文中ではキャン(kæn)ではなく、サクッと(k(ə)n)と発音されることが多いです。

I can do itはアイキャンドゥーイッではなく実際には、アイクゥンドゥーイッ、みたいな感じでサラッと発音されることがほとんどです。

can'tについては、canに比べて割とハッキリ発音されます。

キャーンッ(kˈæːnt)という感じで、canに比べて伸ばします。

can'tはできない、という情報を与えるのでcanみたいにサラッと言うのではなく、結構強めに発音するので慣れるとわかりやすいですよ。

こちらの動画を参考にしてください。

では、オーストラリアではcanとcan'tをどう発音するのか?

いってみましょう!

まず、オーストラリア英語のcanの発音はkæːnと、アメリカ英語に比べるとやや伸ばす感じですが、実際の文ではアメリカ英語とほぼお同じで(kən)と発音します。

アイクゥンドゥーイッ、みたいな感じですね。

こちらもアメリカ英語同様、サクッと流す感じです。

次にcan'tですが、こちらはカーン(kəːn)とい発音します。

Star,Car,Farなどの単語と同じ発音と説明するとわかりやすいかも。

こちらもアメリカ英語同様、canに比べて伸ばす感じなので、すぐにわかります。

まとめると、オーストラリア英語ではcanはクゥン、can'tはカーンと発音します。

こちらの動画が参考になるのでチェックしてみてください。

あとがき

まずは、canとcan'tを自分で発音できるようにしましょう。

自分で発音できれば、聞き取りもできます。

あとは、たくさんリスニングをして違いに慣れてください。

そうすれば、あなたもcanとcan'tのマスターになれますよ!

-オーストラリア英語の発音
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.