スラング 仕事で使う英語

職場でよく使うchuck a sickieの意味とは?

更新日:

オーストラリアのローカル企業で働いていると、このChuck a sickieというフレーズを良く耳にします。

日本にいた時はまったく知らなかった英語フレーズの一つです。

Chuck a sickieの意味は?

これは、オーストラリアのスラングで、「ズル休みをする」という意味です。

仕事をズル休みする、学校をズル休みする、サボる、といったときに使いますね。

sickieとはsick dayを略しています。

また、Chuck a sickieのほかにも、take a sickieという表現も使えますよ。

ちなみに、イギリス英語では、pull a sickieというChuck a sickieと同じ意味のスラングがありますが、実際に職場で試したところ、これも通じました。

Chuckの意味

ちなみに、chuckという単語もあまり聞き慣れないかもしれませんが、仕事場では結構使われます。

chuckにはいろんな意味がありますが、throwの意味で使われることが多いです。

オックスフォード英英辞典でみてみましょう。

Chuck
informal

1. Throw (something) carelessly or casually.

‘someone chucked a brick through the window’
(誰かが窓からレンガを放り投げた。)
figurative ‘chucking money at the problem won't solve it’
(その問題にお金をつかっても解決しないよ。)

often chuck something away/out Throw (something) away.
‘they make a living out of stuff people chuck away’
(彼らは、人々が捨てたもので生活している。)

出典:https://en.oxforddictionaries.com/

Chuck it in the bin.なら、それをゴミ箱に捨てておいて!という意味になります。

Call in sickとの違いは?

chuck a sickieとちょっと似ていますが、call in sickの場合は純粋に、病欠の電話をする、という意味です。

決してズル休みではないことを覚えておきましょう(笑)。

I think I will call in sick later.
(あとで、病欠の電話をしようかな。)

あとがき

病欠というのは、多かれ少なかれ、誰もが経験することではないでしょうか。

自分がしたときも、同僚がしたときも、会話に登場してきます。

-スラング, 仕事で使う英語
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.