スラング

dodgyというスラングを使いこなせ!

更新日:

英語で会話をしていて、それまで聞いたことがない単語なのに、なぜか耳に残ってしまう単語があります。

今回紹介する、Dodgyもその一つ。

これ、あえてカタカナでかくと、「ドッジィー」と発音しますが、日本語の「ドジ」と似てるからか、なぜか耳に残るんですよね~。

MASA
耳に残ると、一体どんな意味なのだろうと無性に知りたくなるんです、ハイ。

オーストラリアで使われるスラング"dodgy"の意味とは?

日常会話でよく使われる、スラングである、dodgyの意味をオックスフォード英英辞典で調べてみましょう。

dodgy
British informal

1. Dishonest or unreliable.

a dodgy second-hand car salesman(怪しい中古自動車のセールスマン)

2.Potentially dangerous.
activities like these could be dodgy for your heart(こういった行動によって君の心臓に危険を及ぼす可能性がある)

3.Of low quality.
I agree, the pictures are very dodgy.(わかる!写真の写りがムチャクチャ悪いね。)

出典:https://en.oxforddictionaries.com/

dodgyは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス英語圏の国で良く使われるスラングです。

アメリカではdodgyではなく、同じ意味のshadyやsketchy、fishy(怪しいの意味)などが使われているようですね。

人が怪しい、信頼できない、物の質が悪い、危険だ、不安定だ、という意味ですが、そこから派生して、カジュアルな会話では、ダメだ、ヤバイ、イケてない、ダサい、なんて意味でも使われます。

結構、広い意味で使われるスラングなので、意味を全部覚えるよりは、dodgyの持つ大まかな意味を把握しておいて、実際の会話で使ってみることをオススメします。

まずは単純に、「dodgy=ダメ」、と覚えておくといいかもしれません。

ちなみにオーストラリアにはbodgyというスラングもあります。

なんか、dodgyによく似てますよね?

価値がないとか、品質が悪い、という意味で意味もかぶってるし、スペルもbとgが違うだけです。

でも個人的には、bodgyはあまり聞いたことがなく、dodgyのほうがメジャーですね。

-スラング
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.