日常英会話でよく使われる表現・フレーズ

電話をかけるgive me a ring/give you a ringという表現

更新日:

ringを使おう

電話をかける、電話をもらう、という表現は日常会話では必ず出てきますね。

ですから、日常英会話でもまっさきに覚えておくべき表現だと思います。

今回は、Give you a ring とGive me a ringというフレーズを紹介します。

Give you a ringとGive me a ring

電話をかける女性

電話をかける、といえば、ほとんどの人は"call"という単語を思い浮かぶでしょう。

Can you call me?(電話くれる?)
I will call you later.(あとで電話するよ)

普通に使いますね。

hold onとhang onの違いってなに?ネイティブは使い分けてる?

英語では、似たようなフレーズで同じ意味ってありますよね。 今回紹介する、hold onとhang onもそうです。 どちらも日常会話や仕事場での会話でよく使います。 僕も普段、何気なく使っているフレー ...

でも日常英会話で、電話をかける、というフレーズはまだまだあります。

それが、Give you a ringです。

けっして、君にリングをあげるよ、という意味ではありません。

オーストラリアでは、callも使いますがringも結構使います。

感覚的には、ringとcallを半々くらいの割合で使う感じがしますね。

その他にも、buzz(ヴァズ)もを使うこともあります。

電話をかけることを単純に、I ring you.といってもいいのですが、オーストラリアでは、give somebody ring/call/buzzという場合が多いです。


I will give you a ring.
I will give you a call.
I will give you a buzz.

Can you give me a ring?
Can you give me a call?
Can you give me a buzz?

このように、英語にはgiveを使った表現って結構ありますよね。

Give it a crackはオーストラリア特有の表現!

今回、紹介するフレーズは、give it a crackです。 これは、オーストラリアで使われるフレーズで、他の英語圏では伝わらない可能性があります。 それでは、意味を見ていきましょう。 give i ...

ちなみにこの場合、ring/call/buzzは名詞なのでaが付きます。

もちろん、youやmeは、him, her, us, themにも置き換えられます。

ringはどちらかというとイギリス英語圏で使う傾向があり、callはアメリカで使うと言われていますが、前述したとおり、オーストラリアではどちらも使いますよ~。

それでは。

-日常英会話でよく使われる表現・フレーズ

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.