オーストラリア英語の発音

オーストラリア英語ではingはエンの発音に近い!?

更新日:

アメリカ英語を学校で習ってきた日本人にとっては、オーストラリア英語は、最初は聞き取るのが難しいですよね。

今回の-ingも、オーストラリア英語独特の発音をします。

オーストラリア英語のingはどう発音する?

オーストラリア英語の発音では、-ingの最後のgは発音しないという特徴があります。

現在進行系で使われる-ingは-in’になり、具体的は発音は、/ən/となります。

/ən/

例をいくつかあげてみますね。

How are you going?➔How're you goin?(ハユーゴゥエン?)
How is it goin?➔How's it goin?(ハズィゴゥエン?)
He is having a lunch.➔He's havin' a lunch(ヒィズハヴェナランチ)
I am going to the store.➔I'm goin' to the store.(アィム ゴゥエン トゥーダァストーゥ)
being➔bein’(ビィーエン)
saying➔sayin’(セィエン)

単語を省略しがちなオージーイングリッシュですから、あぁ納得!って感じですね。

オーストラリア人は短縮語が好き
オーストラリア人は英語を略したがる?必須単語を一挙公開!

オーストラリアスラングの特徴のひとつに、短縮された言葉(Abbreviated word)が多いことがあげられます。 一説には、オーストラリアの温暖な気候や面倒くさがり屋(?)の国民性が影響していると ...

Schwa Sound (シュワサウンド)について

-ingの発音は/ən/と紹介しました。

/ən/にある、eをひっくり返したような発音記号の「ə」はいわゆる、Schwa Sound (シュワサウンド)と呼ばれる母音で、日本語には存在しない音です。

シュワサウンドは、曖昧母音とも言われ、「アッ」と、とても弱く曖昧に発音します。

英語では2音節以上の単語には必ず存在し、アクセントを置かない母音の音がシュワサウンドです。

この動画でシュワサウンドを詳しく説明しています。

Ever /ˈɛvə/
Better /ˈbɛtə/
Water /ˈwɔːtə/
Computer /kəmˈpjuːtə/
Police /pəˈliːs/
About /əˈbaʊt/
Doctor /ˈdɒktə/

太字部分が、シュワサウンドです。

ちなみに、オーストラリア英語、そしてイギリス英語では語尾に来るRは、アメリカ英語とは違い舌を巻かずに、曖昧母音で発音します。

オーストラリア英語のRの発音に要注意!日本人には簡単?

英会話を習っているほとんどすべての日本人が苦労しているといっても過言ではないのが、英語を正しく発音することではないでしょうか。 そのなかでも、英語のRやV、THの発音は日本語には存在せず、最初は話すの ...

この曖昧母音を発音できるかどうかで、発音の上手い、下手がわかるくらい重要な音です。

日本人はこのシュワサウンドを強くはっきり発音してしまう傾向があり、そうするとカタカナ発音に近くなってしまいます。

シュワサウンドを覚えることで、ネイティブに通じやすい発音がGETできるので、ぜひマスターしましょう!

-オーストラリア英語の発音

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.