オーストラリア英語の発音

オーストラリア英語では単語のNTはN'に省略される!?

更新日:

オーストラリア英語の発音には、いくつかの特徴がありますが、今回紹介するのは単語の語尾がNTで終わる場合の発音の仕方です。

MASA
じつは語尾がNTになる単語って結構あるんですよね~。

can'tやshouldn't、doesn'tなどの否定形の単語もそうですし、本当にたくさんあります。

例えば・・・

dent
hint
hunt
rent
paint
vent
blunt
count
faint
front
grant
joint
mount
point
print
scent
accent
student
amount
account
appoint
comment
present
prevent

ざっと一部挙げましたが、まだまだたくさんあります。

そして、これらのNTで終わる単語を発音するとき、オーストラリア英語ではTを発音せずにN'と発音する人が多いです。

例えば、accountであれば、アカウントではなく、アカウンッと、最後のTはほとんど聞きとれません。

What's your point?の場合は、ワッチューヨーポインッ?、You shoudn't do this.なら、ユーシュドゥンドゥーディスみたいな感じです。

では、語尾ではなく、途中にNTが入る場合はどうでしょうか?

centre
internet

これらもそれぞれ、セナー、イナネッのように、Tが消えます。

もうひとつ、NTが単語に複数入っている場合はどうなるのでしょうか?

enchantment
appointment

この場合も、それぞれ、エンチャンメンッ、アポインメンッというように発音します。

じつは、単語内のNTのTの音が消えるのは、オーストラリア英語に限ったことではありません。

程度の差こそあれ、アメリカ英語やイギリス英語でも、同様のことが起こりますので、こういった英語独特の発音の仕方は覚えておいて損はありません。

これをマスターできれば、ネイティブの発音に一歩近づけること間違いなし!

-オーストラリア英語の発音

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.