スラング 日常英会話でよく使われる表現・フレーズ

okey-dokeyはオーストラリアのスラング?その意味とは?

更新日:

みなさんは、okey-dokeyというフレーズを聞いたことありますか。

このフレーズ、オーストラリアの日常会話や職場でたまに聞くのですが、最初はどんな意味かよくわかりませんでした。

MASA
ん?okey-dokeyって、オーストラリア特有のスラングなのかな?

ではさっそく解説していきましょう。

Okey-dokeyの意味は簡単です

OKをするオジサン

Okey-dokeyは、簡単にいうと、Okayと同じ意味です。

ただ、オーストラリア特有のスラングではありませんね。

英語圏の様々な国で使われています。

Okayと同じく状況によって意味合いは多少変わってきますが、Okayと同じ意味で使って問題ありません。


sure
alright
sure thing
yes

注意点としては、Okayよりもカジュアルな表現なので、友人や同僚同士で使う分には問題ありませんが、フォーマルな場面では使わないほうがベターですね。

ちなみにOkey-dokeyの他に、okey-dokeという言い方もありますが、意味は同じです。

okey-dokeyの由来として、このフレーズが使われはじめたのは1930年代と言われています。

そして、okey-dokeyが世界で市民権を得たのは、映画「インディージョーンズ/魔宮の伝説(原題:Indiana Jones and the Temple of Doom)」で、ベトナム人の子供、ショートラウンドが、ジョーンズに向かって言った「Okey dokey Dr. Jones. Hold on to your potatoes.」がキッカケなのです。

Okey-dokeyの発音

Okey-dokeyの発音はちょっと難しいかも。

発音記号は・・・

/əʊkɪˈdəʊki/

です。

オーキードーキーと言ってしまいがちですが、正確には「アウキー・ドウキー」に近いです。(※私の声です^^)

友人や同僚になら、Okと使う場面で使えますので、Okey-dokey、覚えておいて損はありませんよ!

-スラング, 日常英会話でよく使われる表現・フレーズ
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.