スラング

オーストラリアではエビはshrimpじゃなくてprawn

投稿日:

エビ

みなさんは、"Shrimp on the barbie!"、というフレーズを聞いたことあるでしょうか?

オーストラリアのスラングを知っている人なら、barbieがbarbecueのことだというのはご存知だと思います。

オーストラリア人は短縮語が好き
オーストラリア人は英語を略したがる?必須単語を一挙公開!

オーストラリアスラングの特徴のひとつに、短縮された言葉(Abbreviated word)が多いことがあげられます。 一説には、オーストラリアの温暖な気候や面倒くさがり屋(?)の国民性が影響していると ...

このフレーズは、"I'll slip an extra shrimp on the barbie for you"を略したもので、太陽の下でみんなでワイワイやる、というイメージを連想させます。

まさに、ビーチでバーベキューを楽しむオージー達の姿を思い浮かべることができますね。

ところが、この文章にはひとつ疑問が残るんです。

それは、shrimpという単語。

shrimpはエビのことですが、実はオーストラリアではshrimpという単語はまず使いません。

代わりに使われるのは、prawnです。
小エビも大エビもぜーんぶ、prawnです。

まずは、ケンブリッジ英英辞典でshrimpとprawnを調べてみました。

shrimp
a very small sea creature similar to a prawn but smaller, or its flesh eaten as food

prawn
a small sea animal with a shell and ten legs, that can be eaten

両方ともエビですが、shrimpはprawnよりも小さい小エビのことを指しているんですね。

話をもとに戻すと、"I'll slip an extra shrimp on the barbie for you"といったのは、実は、有名なオーストラリア映画「クロコダイル・ダンディー」で主演を努めたポール・ホーガンだったのです。

なぜ、オーストラリア人のポール・ホーガンはprawnじゃなくてshrimpって言ったのか?

それは、Australian Tourism Commissionが、テレビのコマーシャル用に作成したもので、ポール・ホーガンがそのCMに出演していたのですが、放映されていたのがアメリカだったため、prawnではなく、アメリカ英語で使われるshrimpが使われたということらしいです。

そして今でもアメリカ人が、オーストラリアのスラングを真似するときによく使われるのが、このShrimp on the barbie!ですが、当のオーストラリア人はそんなことは言わないので冷ややかな目でみているというのが現状です。

-スラング
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.