イントネーション オーストラリア英語の特徴

オーストラリア英語の疑問文の意外な特徴とは?

投稿日:

question

英語で疑問文の場合、通常イントネーションは語尾が上がりますよね?

Are you a student? (⤴︎)

いわゆる通常疑問文です

ただこれには例外があって、5W1Hではじまる疑問文や念押しするときの付加疑問文の場合、語尾は下がります。

What are you doing now? (⤵︎)今何してるの?
She is a doctor, isn't she? (⤵︎)彼女は医者だよね?

ところが、オーストラリア英語では、通常疑問文の場合でも語尾が下がるという特徴があるのです。

オーストラリア英語の疑問文の語尾は下がる!?

疑問文の語尾は上がると思ってる方が多いですが、オーストラリア人の中には通常疑問文でも語尾を上げずにフラットするか下げて聞く人がいます。

全てのオーストラリア人がそうとは限りませんが、疑問文で語尾を上げない人って意外と多いのです。

ですから、冒頭の通常疑問文でも、Are you a student? (⤵︎)と下がて聞かれる場合があるということです。

MASA
それじゃあ、聞かれてるのかどうかワカラナイよね?

たしかにそうですね。

僕も最初は、質問されているかどうかわからずに、質問に答えなくてお互い沈黙が続いたこともありました。

と当初は僕も思ったものですが、オーストラリアにずっと住んでると慣れてきます。(笑)

あっ、これは質問されてるんだな?と会話の流れで理解できるようになってきます。

そもそも文章が、Are youで始まってるのと、会話の内容、相手の表情を見てればわかるようになりますので安心してください。

アメリカ英語では、通常疑問文は上がりますが、実はイギリス英語でもオーストラリア英語と同じく語尾が下がるようです。

やはり、イギリス英語の名残りがこういったところでも見えてきますね。

オーストラリア英語の語尾をあげるイントネーションについて

最近、日本では通常の文を半疑問系で話す人が増えているそうです。 たとえばこんな感じの話し方、聞いたことありませんか? 「この前、雑誌に載ってたレストラン?に行ってみたんだけど、ステーキ?がすごく美味し ...

あとがき

日常英会話では、相手から質問されることが多いですよね。

そんなときにオーストラリアで、Are you a student?(⤵?)と言われて、沈黙していると気まずい雰囲気が漂うこともあるでしょう。

ぜひ、頭の隅っこに今回の「下げ調子の質問文」があるということを覚えておくと役に立つかもしれませんよ。

それではまた!

-イントネーション, オーストラリア英語の特徴

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.