スペル(綴り)

オーストラリア英語のスペルはイギリス英語と同じ?

更新日:

オーストラリアは移民として渡ってきたイギリス人、つまりイギリス英語の影響を強く受けていますが、単語のスペル(綴り)についてはどうでしょうか?

確かに、単語のスペルはイギリス英語にかなり近いですが、全く同じではなく、オーストラリア独自のものもあります。

オーストラリアは先住民である、アボリジニが使っていた言語の影響も受けており、イギリス英語とミックスされた結果、話される英語についても独自のなまりや形が生まれました。

今回は、イギリス英語とオーストラリア英語のスペルの違いを、アメリカ英語のスペルと合わせて比較していきます。

イギリス英語とオーストラリア英語のスペルって違うの?

基本的には、イギリス英語とオーストラリア英語の単語のスペルは同じです。

ただこれも一部、例外があるので紹介します。

イギリス英語 オーストラリア英語
programme program
enquire inquire
analogue ※analog

analogについて、オーストラリアではもともとイギリス表記のanalogueを使っていましたが、最近ではanalogが主流になっています。

アメリカ英語VSイギリス&オーストラリア英語のスペル比較

日本にいたときは、もっぱらアメリカ英語に親しんでいたためか、オーストラリアに来た当初は単語の綴りの違いに驚きました。

わかりやすいように、アメリカ英語を左、イギリス&オーストラリア英語を右にしています。

それぞれの違いについていくつかまとめてみますね。

-erと-re

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
center centre
theater theatre
liter litre
fiber fibre
specter spectre
meter metre
caliber calibre

語尾の-orと-our

例外として一つ挙げますと、オーストラリアの政党、労働党のスペルは「The Australian Labor Party」と語尾がorです。

アメリカ英語  イギリス英語・オーストラリア英語
color colour
neighbor neighbour
flavor flavour
labor labour
behavior behaviour
humor humour
honor honour

語尾の-lと-ll

単語単独の場合は同じですが、過去形や進行形のときはスペルが変わります。

アメリカ英語ではl単独、イギリス・オーストラリア英語ではllとlが重ねます。

もちろん、例外もあります。

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
traveled, traveling, traveler travelled, travelling, treveller
canceled, canceling cancelled, cancelling
labeled, labeling labelled, labelling
fueled, fueling fuelled, fuellling
signaled, signaling signalled, signalling
modeled, modeling modelled, modelling

語尾の-ogと-oug

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
catalog catalogue
dialog dialogue
monolog monologue

 

語尾の-yzeと-yse

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
analyze analyse
catalyze catalyse
paralyze paralyse

語尾の-izeと-ise

アメリカ英語  イギリス英語・オーストラリア英語
organize organise
recognize recognise
realize realise
finalize finalise
apologize apologise
memorize memorise

語尾の-enseと-ence

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
license ※licence
offense offence
defense defence
pretense pretence

もちろん、アメリカ英語の単語の語尾がseなら、全てceになるわけではありません。
また、イギリス英語は名詞と動詞によってスペルが変わる場合があります。

例)
イギリス英語でlicenceを動詞で使う場合は、licenseと表記するのが一般的です。practise/practiceも同様です。

その他

アメリカ英語 イギリス英語・オーストラリア英語
check cheque
yogurt yoghrut
tire tyre
whiskey whisky

あとがき

いかがでしたか?

同じ英語でも、オーストラリア、イギリス、アメリカでは、単語のスペルが異なります。

僕は日本でアメリカ英語のスペルで勉強していたので、メールやテキストメッセージを送るときに、今でもアメリカ式のスペルで書いてしまうことがあります。

たいていは、通じますので問題はありませんが、フォーマルな文章を書くときには、揃えたほうがよいと思います。

-スペル(綴り)

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.