仕事で使う英語 日常英会話でよく使われる表現・フレーズ

2つの違う意味をもつ、I am stuffedを覚えよう!

更新日:

英語には、同じ単語やフレーズだけで、意味が違うものがあります。

今回は、I am stuffed(=I'm stuffed)というフレーズを紹介します。

I am stuffedには2つの意味がある!

まず最初に、stuffedは形容詞です。

stuffedの意味をケンブリッジ英英辞典で調べてみます。

[ after verb ] informal

(of a person) having eaten enough or too much

"No more for me thanks - I'm stuffed." もう僕はいいや、ありがとう。お腹いっぱいだ。

出典:https://dictionary.cambridge.org/

stuffという動詞には、もともと詰め込むといった意味があり、形容詞のstuffedでは「詰まった」、「いっぱいになった」という意味から人が主語になると「満腹の」のという意味になります。

そしてもう一つ、オーストラリアではI am stuffedというと、お腹がいっぱい、という意味以外に「とても疲れた、疲れ切った」という意味があります。(こちらはケンブリッジ、オックスフォード、どちらの英英辞典にも記載がありませんでした。)

つまり、I am stuffedは、=I am very tiredや、I am tired outと同じです。

疲れている男性

ちなみにstuffedには、他の意味もあります。

A stuffed animal or bird is filled with special material so that it keeps the shape it had when it was alive

例えば、stuffed animalだと、動物のぬいぐるみ、剥製の動物という意味ですね。

こちらも合わせて覚えておくといいと思います。

stuffedの発音について

実は、stuffedの発音って間違えやすいので注意しましょう。

語尾がedなので思わず「スタッフドゥ」といってしまいがちですが、発音記号は /stʌft/なので、「スタッフトゥ」みたいな感じで発音します。

オーストラリアで仕事をしていると、I'm stuffed.という人結構いますね。

その他にも、I'm buggered.も同じ意味のオージースラングです。

I am very tired.の同意表現のひとつとして覚えておきましょう。

-仕事で使う英語, 日常英会話でよく使われる表現・フレーズ
-

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.