スラング

オーストラリア人は英語を略したがる?必須単語を一挙公開!

更新日:

オーストラリア人は短縮語が好き

オーストラリアスラングの特徴のひとつに、短縮された言葉(Abbreviated word)が多いことがあげられます。

一説には、オーストラリアの温暖な気候や面倒くさがり屋(?)の国民性が影響しているといわれていますが、本当のことかどうかはわかりません。

長くて面倒くさいからなのか、自国であるAustraliaという単語でさえ、Straya(ストレィヤ)と短縮されることが多いのです。

いずれにしても、略された言葉はカジュアルでフレンドリーな響きがあり、いかにもオーストラリアっぽいスラングなので覚えておくと便利でしょう。

仲が良くなったオージーとの会話で使うと喜ばれること請け合いですよ!

僕も、友人や同僚のオージーとの会話で使っています。

[st_toc]

知ってると便利!オーストラリアで使われる短縮英語

朝食

出典:photo AC

それでは、オーストラリアで良く使われる、短縮英語を紹介しますね。

MASA
短縮語はたくさんあるけれど、よく使われるものを厳選して紹介するよ
短縮語 元の単語 意味
Straya(ストゥラィヤ) Australia オーストラリア
avo(アヴォ) avocado アボカド
arvo(アーヴォー) afternoon 午後(S'arvoでThis arternoonの意味)
barbie(バァービー) barbecue(BBQ) バーベキュー
bikie(バイキー) motorbike Rider バイク乗り
biccy(ビッキー) biscuit ビスケット、クッキー※choccy biccyでチョコレートのビスケット、クッキーのこと
brekkie(ブゥエッキー) breakfast 朝食
bewdy(ビューディー) beauty 素晴らしい(=very good)
bottle-o(ボドゥオー) bottle shop 酒屋
brickie(ブゥイッキー) レンガ職人
Chrissie(クウィッスィー) Christmas クリスマス
cuppa(カッパ) cup of tea or coffee 紅茶もしくはコーヒー
comfy(カンフィー) comfortable 快適な
exxy(エクシィー) expensive 値段が高い
footy(フーティー) football オーストラリアンフットボール(AFL)※1
garbo(ガーヴォ) gabage collector ゴミを収集する人
telly(テリィー) Television テレビ
tradie(トウェイディー) tradesman 職人※2
u-ey(ユゥイー) u-turn Uターン
Macca's(マッカス) Mc Donald's マクドナルド
mozzie(モズィー) mosquito
servo(サーヴォ) service station ガソリンスタンド
kindy(キンディー) kindergarten 幼稚園
Oz(オズィー) Australian(Aussie) オーストラリア人※3
postie postman 郵便の配達する人
pressie(プレズィー) present プレゼント(贈り物)※クリスマスプレゼントはChrissie pressie
sunnies(サニィーズ) sunglasses サングラス
uni(ユニィ) university 大学
Woolie(ウーリィー) Woolworths ウールワース(大手のスーパーマーケット)
sanga sandwich サンドウィッチ
schoolies(スクーリーズ) school leavers ハイスクールの卒業生※4
Ta!(タッ!) Thanks ありがとう※5
rego(レジョ) registration 車の自動車税

多いのは、語尾を-ieにするパターン。

ここに挙げていないですが、まだまだあります。

まだまだ短縮して話されるスラングは本当にたくさんあるので、わからなければ、相手に聞いてみて、自分のものにするといいでしょう。

コミュニケーションのきっかけにもなって一石二鳥ですよ。

footy(※1)

オーストラリアンフットボールは、オージールールズ(Aussie rules)とも呼ばれており、オーストラリアで最も人気のあるスポーツの一つ。

一見、ラグビーに似ていますが、ルールが異なります。

現在18のチームがオーストラリア独自のルールで、AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)と呼ばれる国内リーグで年間22試合を行っています。

AFLの試合がある日は、かなりの盛り上がりをみせており、国技といっても過言ではありません。

あちこちでイベントが開かれ、スーパーマーケットなどの入り口では、特設でホットドッグなどの売り子が登場することも。

tradie(※2)

tradesmanは職人さんのことで、Carpenters(大工)、Plumbers(配管工)、Electricians(電気工)、Cabinetmakers(家具職人)などが含まれます。

イメージとしては、建築現場で働いている職人さんで、UTE(これも短縮形:utility vehicle)と呼ばれる後ろに物置スペース(Trayback)がある車に乗っている人でしょうか。

トヨタのハイラックス、ホールデンのコモドア、フォードのレンジャーあたりが主流です。

自分の愛犬を後ろのトレイバックに繋いで、仕事に向かうオージーも良く見かけます。

Oz(※3)

OzはAussieの短縮形。

オーストラリアで行われるスポーツイベントなどでは、「Oz Oz OZ , Oi Oi Oi(オズィオズィオズィ!、オイオイオイ!」という有名な掛け声があります。

"Aussie Aussie Aussie, Oi Oi Oi" is a cheer or chant often performed at Australian sport events

Wikipediaより

オリンピックでも聞くことができますよ。

oiは英語でも「オイッ!」?オーストラリアのビックリする表現

僕は、オーストラリアに移住してから最初の1年間、TAFEと呼ばれる職業専門学校に通っていました。 パン職人になるためのコースでしたが、パン生地をこねる作業をしていたときに突然「オイッ!」という声が聞こ ...

Schoolies(※4)

Schooliesはハイスクールの卒業生(Year12)のことで、学生最後のテストを終えた後のSchoolies weekと呼ばれる11月~12月の期間にホリデーを取ります。

Schooliesが行くロケーションとして有名なのは、クイーンズランド州のゴールドコースト。

とくに期間中、中心部のサーファーズパラダイスにはオーストラリア各地から集まったSchooliesでごった返します。

卒業が決まった学生たちが一同に介して騒ぐため、酒やドラッグ、地域住民とのトラブルも多く、期間中、街中にはパトロールの警察官が常時パトロールしています。

ゴールドコーストに住む僕も、この期間中だけはサーファーズパラダイスには近寄らないようにしています。

他のSchooliesのロケーションとして、クイーンズランド州のサンシャインコースト、バイロンベイ、エアリービーチ、ビクトリア州のローンなどがあります。

Schooliesの公式サイトもありますよ。

Ta!(※5)

おそらくオーストラリアで一番短い言葉がこれでしょう。

初めて聞いたのは、スーパーで買物をしてレジで会計を終えたときに、キャッシャーのおばさんから。

「Ta!」と言われて、最初はなんのことだかわかりませんでした。

その後も、度々聞くことがあったので、ようやく意味がわかりましたが、わかったときは思わず笑ってしまいましたね。

あとがき

オーストラリアに長年住んでいると、本当に、オーストラリア人は言葉を短縮するのが好きなんだ、というのがわかりますね。

今回紹介した短縮語を覚えておくと、オージーと会話するときにきっと役に立ちますよ。

慣れてきたら、今度は自分で使ってみてください。

オージーとの会話もはずみますよ!

-スラング
-,

Copyright© リッパー・マイト!~オーストラリア英語がわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.